スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念 予想

さて、あたらないあたらないあたらない競馬予想記事のお時間です(´Д` )
ま、最後の宝塚記念あてて春競馬を締めくくるんですがね(・∀・)

オルフェーヴルの回避は残念ですが、
ジェンティルドンナ・フェノーメノ・ゴールドシップと、
現役を代表する古馬三旗の決戦が実現する春のグランプリ宝塚記念。

宝塚記念は過去5年のうち3回をステイゴールド産駒が勝ってます。

宝塚記念は小回りコースで行われる為、直線が短いこともあり、
直線が長い東京のように我慢しての直線勝負とはならず、
3コーナーあたりから、徐々にスパートが始まります。

結果として、直線の長い東京や京都以上に持久力が問われる。
そしてその持久力こそがステイゴールド産駒の最大の長所であり、
だからこそ、中山の有馬記念や宝塚記念で無類の強さを発揮できる。

とまあ、ここまで書けばどれを本命にするかはおわかりでしょうが、予想です(´▽`*)アハハ

【予想】
◎フェノーメノ
○ゴールドシップ
▲ナカヤマナイト
△ジェンティルドンナ
△ローゼンケーニッヒ

◎○▲と全てステイゴールド産駒。
ジェンティルが血の相性を凌駕する程の馬なら仕方なし。

ローゼンケーニッヒはローズキングダムの弟。
先日引退した兄の分まで期待を込めて。

◎1頭軸の三連複流しで。
スポンサーサイト

安田記念 予想

ダービーも見事に外れました。
今年は全然あたりません。洒落になりません(´▽`*)アハハ

G1も今週で一区切り。
2週間のお休みを挟んで宝塚記念で春のG1も終了ですから、
安田記念と宝塚記念で帳尻を合わせられるような結果になれば。

いつも通り、過去5年3着以内にきた15頭のザックリした傾向から。

・1番人気で3着以内にきたのは過去5年では1頭(ウオッカ)だけ。
・内枠が好成績。
 ※15頭中10頭が6番枠より内側の馬。
・前走の上がり3ハロンのタイムが1位か2位の馬。
 ※15頭中9頭に該当。
・2年連続で好走する馬が多い。
 ウオッカ2008年1着→2009年1着
 スマイルジャック2010年3着→2011年3着
 ストロングリターン2011年2着→2012年1着

こんなところで。

【予想】
◎グランプリボス
○ショウナンマイティ
▲ダークシャドウ
△ロードカナロア
△ヘレンスピリット
△ガルボ
△ダイワマッジョーレ
△カレンブラックヒル

リピーターがよく来ると言うことで、グランプリボス。
昔同じ買い方のブリッシュラックで勝った良い思い出もあるので(笑)。

◎1頭軸の三連複流しで。

オークス予想

( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!

すっかり更新停止と思った皆さん、こんにちは、こんばんは。
そろそろ気が向いてきたので競馬以外の記事も更新しようかと、
思ってみたりみなかったりするわけですが、しぶとく更新していきますよ。

とりあえずオークス予想。
いつも通り、過去5年3着以内にきた15頭のザックリした傾向から。

・前走3着以内の馬。
 15頭中14頭に該当。唯一の例外は桜花賞8着トールポピー。
・6番枠より内側、14番枠より外側の馬が共に、5年連続で3着以内にきている。
 極端な内枠、極端な外枠が比較的好成績。

【予想】
◎アユサン
○ローブティサージュ
▲トーセンソレイユ
△デニムアンドルビー
△クロフネサプライズ
△サクレプレジール
△レッドオーヴァル

ここ最近桜花賞とオークスの結果が繋がりやすい傾向にあるので、本命はアユサン。
今年の桜花賞はそれ程レベルが高いレースではなかったと思いますが、
一旦完全にかわされてからのあの差し返しは素晴らしかった。

相手は2歳女王ローブティサージュ。
好位から積極的な競馬が出来れば面白い存在。
そして元々オークスに照準を絞っていたトーセンソレイユ。
ここにきて強い調教が消化できるようになっている点も魅力。
以下トライアルで強い勝ち方をしたデニムアンドルビー、
桜花賞で苦しい競馬を4着に粘ったクロフネサプライズ、
そして距離に不安こそあるものの決め手があるレッドオーヴァルまで。

◎1頭軸の三連複流しで。

皐月賞 予想

さて、なかなかあたらない馬券ですが、今週は皐月賞です(´・ω・`)
いつも通りざっくり傾向から。

・前走3着以内の馬が有利。
 ※過去5年3着以内にきた15頭中12頭に該当。
 ※該当しなかった3頭はいずれも重賞勝ちのあった馬。

特徴としてはこんな感じ。
枠の偏り等は特に見られないようです。

【予想】
◎コディーノ
○エピファネイア
▲カミノタサハラ
△ロゴタイプ
△ミヤジタイガ
△レッドルーラー
△フェイムゲーム
△メイケイペガスター

本命はコディーノ。
朝日杯、弥生賞と惜敗が続きますが、朝日杯は展開の綾。
弥生賞は朝日杯で見せた気性的な難しさに進境を見せた内容。

コディーノは本当にローズキングダムによく似た馬で、
ローズが皐月賞で僅差4着だった点を鑑みれば、
コディーノの信頼度も高いと思います。

相手は弥生賞上位組+ロゴタイプ、若葉S勝ちのレッドルーラー。
フェイムゲームは中山2000mの実績を評価しました。

メイケイペガスターは前走は折り合いを欠いての自滅。
それだけに内枠に入った今回は前に馬を置けるので、
本来の力が発揮しやすいでしょう。

◎1頭軸の三連複流しで。

桜花賞 予想

雨です(´-ω-`)雨の桜花賞は結構久しぶりな気がします。
今日のレースを見る限り、やはり外が良い馬場になってきている印象。
元々桜花賞は外枠が強いレースですが、今年はより顕著になるかも知れませんね。
とか言ってると、内枠で決着したりするわけですが(´▽`*)アハハ

とりあえずいつも通り過去5年のデータをザックリ。

・外枠が圧倒的有利。
 ※過去5年3着以内にきた15頭中11頭が二桁馬番。
  さらに一桁馬番の4頭の馬番も8番と9番が2頭ずつ。
  7番枠から内側は全滅している。
・前走3着以内馬が好相性。
 ※過去5年3着以内にきた15頭中12頭が前走3着以内。
  残りの3頭中2頭は前々走が1着だった。勢いが活きるレース。

【予想】
◎クロフネサプライズ
○レッドオーヴァル
▲メイショウマンボ
△トーセンソレイユ
△コレクターアイテム
△サンブルエミューズ
△ローブティサージュ

基本的にはデータに沿って外の好調馬をチョイス。
内枠から選んだのは血統・実績的に馬場と条件が合いそうなローブ。
そしてこの馬場でもイン突きしそうな岩田のサンブルエミューズ。

◎1頭軸の三連複流しで。
プロフィール

蒼

  • Author:蒼
  • 【趣味】
    音楽鑑賞/読書/ゲーム
    サッカー観戦/競馬
フリーエリア

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。