スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞 秋 予想

さて、今回も簡単に傾向を。

・近5年馬券に絡んでいる馬は全て前走が宝塚記念以降のレース。
・前走二桁着順からの巻き返しは難しい。
・近5年、8枠から馬券に絡んだ馬は1頭もいない。
 全体的に内枠有利。

【予想】
◎ローズキングダム
○エイシンフラッシュ
▲ダークシャドウ
△ブエナビスタ
△ミッキードリーム
△ペルーサ

本命は勿論ローズキングダム。さあ、勝って再び頂点へヽ(`Д´)ノ
相手は絶好枠に入ったエイシンフラッシュ、ダークシャドウ、ペルーサ。
ブエナビスタは体調不安説もありますが、条件はベスト。走るでしょう。

面白いのはミッキードリーム。
父キングカメハメハは東京に強く、母の父サンデーサイレンスは切れ味もあり、
さらにはトニービンの血を持っている。血統面でいえばベストマッチ。

◎1頭軸の三連複で。
スポンサーサイト

菊花賞予想

現在2週連続的中中。
でも、3連続はなかなかないんだよね(´・ω・`)
さて、今週はどうなるか…。

では、今週も読み取った傾向を簡単にまとめてみましょう。

・昨年まで17年連続で、6番枠以内の馬が馬券に絡んでいる。
・5年連続でトニービンの血を持った馬が馬券に絡んでいる。

【予想】
◎ダノンマックイン
○オルフェーヴル
▲シゲルリジチョウ
△ウインバリアシオン
△トーセンラー
△ダノンミル

今回に限って言えば、オルフェーヴルに死角はあると思います。
外枠、折り合い、長距離G1勝利経験のない鞍上、天候等々。
まあ、所詮は重箱の隅をつつくようなもんなんですが(笑)。

最後の抵抗ということで、今回は軸にはしませんでした。
本命ダノンマックインは父がトニービンの血を持つハーツクライ。
母系には長距離血統のリアルシャダイもいて、いかにもなステイヤー血統。
まだ一線級との対戦経験がない未知の魅力も含めて本命。

あとは神戸新聞杯でオルフェよりも折り合いの良さを見せたウイン。
トニービンの血を持つダノンミル、道悪得意のサドラーの血を持つリジチョウ。
菊花賞と相性の良いきさらぎ賞勝ちのトーセンラーまで。

◎1頭軸の三連複で。

趣味記事 29

【PS VITA】

3Gモデルの予約(σ・∀・)σゲッツ!!
なんとかヨドバシで予約できました。
いやー、土曜日は大変だったけれど、予約できて一安心。
まあ、並んだ人はもっと大変だっただろうけれど…。

早速32GBのメモリーカード、液晶保護シート、キャリングポーチを注文。
一緒に買うソフトはとりあえず忍道2だけ注文。みんゴル6を当日にDL購入予定。
かまいたちの夜はVITAでなくPS3版を買います。



12/17が楽しみだ( ´ー`)

【ゲームよろず】

種絶の呪いを越えて人同士で子を残す。「俺の屍を越えてゆけ」,
アドホック通信を用いた新システム「結魂」ほか多数の新情報が公開に
(4gamer.net)

「FINAL FANTASY 零式」公式サイトで10分以上に及ぶ最新のプレイムービーが公開。
戦場で遊軍として戦う“制圧戦”の模様も
(4gamer.net)

一応どちらもDL版で購入予定。
面白かったらVITAでもやりたいしね(・ω・)

でもまあ、UMD所持者への救済措置も計画されてるようなので、
そんなに気にしなくても大丈夫なのかも知れない。

秋華賞 予想

ざっと読み取った傾向をまとめると、こんな感じ。

・5番枠から内側の枠の馬が比較的好成績。
 (過去5年で3着以内に6頭)
・4コーナーで二桁位置取りから3着以内に届いたのは、ローズS連対馬かG1馬のみ。
 基本的に中団やや前目の位置取りが取れない馬は厳しい。
・紫苑S組は2003年以降3着以内にきた実績がない。

これらを踏まえて。

【予想】
◎アヴェンチュラ
○ホエールキャプチャ
▲マイネイサベル
△マルセリーナ
△キョウワジャンヌ
△エリンコート

というわけで、絶好枠を引いたアヴェンチュラが本命。
スケールという意味ではこのメンバーでも屈指のものを感じるし、
タイプ的にもこのレースは合うんじゃないかと思います。

対抗はホエールキャプチャ。
ローズSは完璧な競馬だったし、ケチをつける要素は特になし。
ただ、陣営が強気すぎるのが気になる(笑)。過度な自信を持った陣営って、
競馬だとあんまりいい結果に繋がるイメージないんだよねぇ。

以下、ローズS2、3着馬、春のクラシックホースまで。

◎○2頭軸の三連複流しで。

趣味記事 29

※メニューのリンクの項目の、ぼのぼの日記さんへのリンクを修正しました。

前のブログにリンクしたままだったのはずっと覚えてたんですが、
ブログを更新するときになるとスッポリ忘れる不思議(´▽`*)アハハ

というわけで、今更ですが修正しましたのでどうかご勘弁(-∧-)

【スターウォーズ】

9月中旬に発売されたブルーレイボックス。
EP1からちょっとずつ見て、EP6まで見終わりました。
全編通して、やっぱりハリソンが一番かっこよかった(笑)。
3のユアンとか4のアレックもかなり好きなんですが。

EP1~3はHDになったことでよりクリアに。
4~6は「10年ぐらい前の映画?」ってぐらいには古くささが軽減(笑)。
まあところどころどうしても古いっていうかちゃちい部分はあるけれど、
それでもあの映像のクオリティアップはかなり凄いと思う。

大きな変更点では、1のヨーダがCG化。
これでヨーダは1~3がCG、4~6が人形ということに。
それからEP6のラスト、ベイダーが皇帝を始末するシーン。
あそこに少し追加がありました。

そういう大きな変更点以外にも、
3POの金属の質感であったり、ベイダーの衣装の質感、
細かい部分で違いを感じるところは多々あって、
全体的に、凄く綺麗にHD化されてました。

ファンには是非オススメの一品です( ´ー`)

【テレビ】

最近ほとんど見なくなって、毎週欠かさずに見てるのが、

土・日の競馬中継(競馬)
ホンマでっかTV(バラエティ)
やべっちFC(サッカー)

これだけ。あとは1クールごとに週2、3本深夜アニメを見る程度。
ホンマでっかTVは面白くて、毎週ガチで笑えるし、唯一欠かさず見るバラエティ。
あとアメトーークは録画だけしてて、タイトルが面白そうなときだけ見る(笑)。
土曜の競馬なんかは録画してあるだけで、ほぼ見ないうちに削除。
めちゃイケとか、年末のガキ使とか、SPのときだけ見るのも
チラホラあったりもしますが(・ω・)

ドラマとかは本当に見なくなったなぁ。
去年は龍馬見てたけれど、今年は大河も面白くないしね。
来年の大河は面白いといいんですが。

【ペルソナ】



8月にベスト版が出て、パッケージ版DL版ともにお安くなってるペルソナ3ポータブル。
最高レベルの面白さだと思うので、RPG好きなら是非プレイしてみて下さい。
DL版なら、いずれVITAを買ったときにもそのままプレイできますよ( ´ー`)

競馬記事 16

【京都大賞典】
◎ローズキングダム
○ジャガーメイル
▲ネコパンチ

本命は当然ローズキングダム。
春はもう一つの結果に終わったけれど、あんなもんじゃないヽ(`Д´)ノ
不安点は59キロだけ。出来も良さそうだし、問題なくローズが勝つことを期待。

馬券的にはローズの単と、三連単のみ。

【毎日王冠】
◎ダークシャドウ
○セイクリッドバレー
▲ナリタクリスタル
△シルポート

こちらも強い4歳世代のダークシャドウが本命。
シルポートがいる以上、ある程度流れることが予想されるので、
長くいい脚を使えるタイプを重く見て印をつけました。

◎1頭軸の三連複。

【マイルCS南部杯】
◎エスポワールシチー
○トランセンド
▲ボレアス

フェブラリーと同じ条件なので、人気サイドで決まる気がします。
というわけで、馬体の良さが目を引いたエスポワールシチーが本命。
対抗は勿論ドバイWC2着のトランセンド。そして最近好調ボレアス。

印順の馬単、三連単。

趣味記事 28

なんか急に寒くなりましたね
でもまた上がりそうな予感。

【ゲームよろず】

「真・三國無双6 猛将伝」,武将4名の特別衣装グラフィックスを公開。(4gamer.net)

シリーズ最新作「無双OROCHI 2」が12月22日に発売。(4gamer.net)

「GOD EATER 2(仮題)」の第1報が到着。(4gamer.net)

「FINAL FANTASY 零式」,
RTS要素を持ったコンテンツ「制圧戦」などの新情報が明らかに。
(4gamer.net)

今年だけで戦国無双3Z、三国無双6、チャンピオンジョッキー、戦国無双3エンパ、
三国無双6猛将伝、そして年末発売予定のOROCHI2と、コーエーのソフトが6本。
気付いたら信Onやってる頃並みに、コーエーにお金払ってる件(笑)。

今年は特に無双の発売本数が多かったからかな。
三国、戦国、オロチ以外は特に興味ないから、来年はあるとしたら6エンパ、
オロチ猛将伝ぐらいか。戦国4はまだなさそうな気がする。多分。
あとはチャンピオンジョッキー2012と、ウイニングポストに期待。

・・・結局来年も4本以上は買うのか(´▽`*)アハハ
面白いから仕方ない、うん、猛将伝超面白いし(´・ω・`)

さて、9月は色々と買いましたが、10月は末まで特に予定はなし。
今のところFF零式のDL版とアイマス2のみ購入予定。
しばらくは9月に買ったソフトをやり込む予定。

【真・三國無双6 猛将伝】

上でも書きましたが、ハマり中。

猛将伝、追加ディスクとはいえ、ボリュームもなかなか。
レジェンドモードはムービー・イベントも豊富だし、ステージ数もかなりある。
あと新キャラが個人的にはツボ。王異が。スピーディだし、無双奥義はトリッキー。
忍者みたいで面白い。基本的に無双では足の速いキャラ好きです。
あとまぁ黒髪だったり雰囲気だったりもなかなか・・・(´▽`*)

あとやっぱり6のいいところは、雑魚兵のワラワラ感とテンポ。
ワラワラ感は猛将伝でさらに増した気もする。というか多分増してる。
本当に尋常じゃなくて、画面いっぱい敵兵で埋め尽くされることも度々。
で、今回は攻撃範囲も広いので、それをまとめてなぎ倒す爽快感。
戦国3みたいにすぐに味方武将が死ぬってこともないしね(笑)。

武将の強化方法にも幅が出来て、割と簡単に全ステMAXに出来るようになってるので、
その状態なら難易度修羅までなら、ノーマル感覚でクリアできるようになった。
流石に難易度究極は1人だと同時に2つ3つ指令が出たときに手が回らないけれど、
オンラインプレイだと丁度いい感じに分担しつつクリア可能。
オンラインは基本的にチャットなんかはなしの淡泊なもので、フレンドの招待は可。

三国は4以降しかやってないけれど、やっぱり6はシリーズ最高傑作だと思う(`・ω・´)

スプリンターズS 予想

いよいよ秋のG1シーズンです。
個人的には春より秋のG1シーズンの方が気分が高揚します。
天皇賞とかJCとか、3歳vs古馬っていう図式が燃える( ´ー`)
今年はそういう意味で特に面白い秋競馬になりそう。

さて、今週は第一弾スプリンターズS。
今年の話題はやはり外国馬。JCなどの招待競走と違って、
遠征してくる外国馬は遠征費用なども全て自腹を切らなきゃいけません。
数百万かけて海を越えてくるわけですから、当然本気度も相当です。

というわけで今日は、外国馬の取捨について考えてみたいと思います。

まずはスプリンターズSが9月開催になって以降、
3着以内にきた外国馬を取りあげてみます。

2004年(不良馬場)
3着⑫ケープオブグッドホープ  9-9 8番人気

2005年(良馬場)
1着⑬サイレントウィットネス  3-3 1番人気

2006年(良馬場)
1着⑬テイクオーバーターゲット 1-1 1番人気

2010年(良馬場)
1着⑦ウルトラファンタジー   2-1 10番人気

名前の後の○-○っていう数字は道中の位置取りです。
分かりやすい傾向としては、勝つ馬は逃げ・先行タイプであること。
というか、それ以外は特にないですね(´▽`*)

ではこれを踏まえて、スプリンターズSの予想です。

◎サンカルロ
○ロケットマン
▲ビービーガルダン
△フィフスペトル
△エーシンリジル
△ケイアイアストン
△ラッキーナイン
△エーシンヴァーゴウ

絶好枠を引いたサンカルロ。
ロケットマンがいることで全体的に前傾な流れになるのは明白。
となれば、この馬の終いの脚が活きてくるはず。

ロケットマンは右回りへの懸念がありますが、
それでも地力を評価しての対抗。

以下、中山の1200mに強そうな馬をチョイス。

◎1頭軸の三連複で。
プロフィール

蒼

  • Author:蒼
  • 【趣味】
    音楽鑑賞/読書/ゲーム
    サッカー観戦/競馬
フリーエリア

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。