スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬記事 22

今週は3レース予想してしまいましょう(・∀・)ノ
日曜日の2レースの買い目は土曜日の夜に更新します。

3レースとも、いつも通り、
過去5年3着以内にきた15頭の傾向から。

・3番枠より内側の馬が5年連続3着以内。
・前走条件戦なら3着以内。

【アーリントンカップ】
◎オリービン
○チャンピオンヤマト
▲アルキメデス
△ワイドバッハ
△ダイワマッジョーレ

◎からのワイド流しで。
※◎▲で的中しましたヽ(´ー`)ノ

続いて阪急杯。
・15頭中13頭が6番枠より内側。

阪急杯はこれのみ。というかこれに尽きると思います。

【阪急杯】
◎メモリアルイヤー
○スプリングサンダー
▲サンカルロ
△ガルボ
△キョウワマグナム
△オセアニアボス
△ドリームカトラス

◎○▲3頭軸の三連複流しで。

続いて中山記念。

・15頭中10頭が7番枠より内側。阪急杯ほどではないにしろ内枠有利。
・ノーザンテーストの血を持つ馬が好相性。
 (ステイゴールド、アドマイヤベガ等を含む)
・先行馬が有利。

【中山記念】
◎ダイワファルコン
○レッドデイヴィス
▲シルポート
△リアルインパクト
△トゥザグローリー
△フェデラリスト
△フィフスペトル

◎からのワイド流し、◎○2頭軸の三連複流しで。
スポンサーサイト

フェブラリーS 予想

早くも今年最初のG1、フェブラリーSです。
というわけで、いつも通り過去5年、3着以内にきた15頭の傾向。

・5年とも、1~3番人気のうち2頭が3着以内。
・前走はG1なら5着以内、G1以外では連対していることが好走条件。
・父か母父がブライアンズタイム、またはサンデーサイレンスの馬に適性が高い。
 (15頭中9頭が該当)

【予想】
◎エスポワールシチー
○トランセンド
▲ワンダーアキュート
△トウショウカズン
△シルクフォーチュン
△ヤマニンキングリー
△スマイルジャック
△グランプリボス

というわけで、1~3番人気の◎○▲から、
前走連対のトウショウカズン、シルクフォーチュン、
母父SSのヤマニン、スマイル、グランプリを相手に。

◎○▲の三連複流しで。

趣味記事 37

【GRAVITY DAZE】

凄いです、コレ。



『GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』
(公式サイト)

クリアしました。結構寄り道しつつで15時間ぐらい。
プラチナトロフィー獲得までやり込むと20時間ぐらいかな?

もう割と長いことゲームやってますが、
色々とプレイしてきた中で五指には入る面白さでした。
革新性という意味では今までで一番って言い切れます。
行動範囲を大きく制限された体験版と、それがない製品版とでは、
受ける印象がまるで違うソフトでした。

まずしっかり作り込まれた世界観と箱庭があって、
そこを本当に自由に、360度好きな方向へ飛び回れる自由度。
重力で空に浮いているとき、落ちているときの何とも言えない浮遊感。
徐々に重力を扱うことに慣れて、思い通りの移動が出来るようになる快感。
タッチパネルやジャイロセンサー、VITAの機能を活かした操作性、
シナリオ、BGM、どれを取っても非の打ち所がないくらい。

強いて言えば、サブミッション開始時のロードが若干遅いのと、難易度選択がない点。
欠点として挙げるならこの2つぐらいで、他では不満を感じることはなかったです。
酔いに関しては、結局一度も感じませんでした。個人的にはPV見てる方が酔う(笑)。
車も運転してる本人は酔わない、そんな感覚に近いのかも知れません。
とは言え、これだけは個人差があると思うのでなんとも言えません。
難易度的には特別アクションが苦手、という人でなければ問題なし。

最初は初めて扱う重力の操作に慣れず、もどかしさも感じるんですが、
慣れれば意のままに操れるようになります。これも魅力の1つ。
ボタン操作自体に複雑さがあるわけではないのがポイント。

VITAを持ってる全ての人に体験してほしい。
ゲーム好きな人ならVITAごと買う価値がある。
他のゲームでは味わえない唯一無二の魅力を持ってる作品。

と、これぐらい自信を持って推せる一本です。

長々書きましたが、私の文章などでは魅力は伝わりますまい(´▽`*)アハハ
もうとにかく、是非触って欲しい、体験してほしい、そうすれば分かります。
「ゲームらしいゲームっていうのはこういうソフトだろうなぁ」と思える、
本当に良い作品でした。是非とも続編を作ってほしいヽ(´ー`)ノ

競馬記事 21

今年は好調な馬券。いつまで続くやら(´▽`*)アハハ

さて、今週は共同通信杯と京都記念、2レース予想したいと思います。
まずは京都記念の近5年3着以内にきた15頭の傾向からまとめてみましょう。

・1番人気が5年連続連対中。
・15頭11頭が3番人気以内。人気馬の信頼度は高い。
・15頭全てが12月以降に1度使っている。

【京都記念】
◎ダークシャドウ
○ヒルノダムール
▲ウインバリアシオン
△トレイルブレイザー
△リッツィースター
△ゲシュタルト
△トーセンラー

◎○▲3頭軸の三連複流しで。

続いて共同通信杯の、過去5年3着以内にきた15頭の傾向をまとめてみます。

・内枠が圧倒的有利。
・15頭全てが12月以降に1度使っている馬。
・外枠からくるのは前に行く馬。

【共同通信杯】
◎ゴールドシップ
○ディープブリランテ
▲コスモオオゾラ
△ストローハット
△ジャングルクルーズ

ブリランテが外に入ったら切ってやろうと目論んでたんですが、
内枠に入って意気消沈(´-ω-`)

5頭BOXの三連複で。

趣味記事 36

【GRAVITY DAZE】

VITAでかなり期待してた一作。
『GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』
正式名称はやたら長いので、とりあえずGRAVITY DAZEということで、
今回はこのソフトのご紹介。SSを交えつつ、2時間ほど触ってみた感想を。



というCMの通り、重力を操れる少女が主人公。
この重力を操れる、というのが肝になってきます。

GRAVITY DAZE4
GRAVITY DAZE2
イベントシーンは上のSSみたいなムービーと、
下のSSみたいなコミック風に描かれたもので構成されます。

GRAVITY DAZE3
コミック形式のシーンで本体を傾けるとこんな風に、角度が変わったり。
随所にジャイロや前面・背面タッチを使っていじれるところがあります。

続いて、重力操作を簡単にご紹介。

GRAVITY DAZE6
これがまず普通の状態。地面に立ってます。
ここから、左に見える建物へ移動してみます。

GRAVITY DAZE7
Rボタンを押すことで、こんな感じで無重力状態になります。

GRAVITY DAZE8
無重力状態のまま行きたい方向へ狙いを定めてもう一度Rを押すと…。

GRAVITY DAZE
建物の壁面に重力が発生して、今度は壁面が地面になります。
さっきまで立ってた場所が見えてますね(・ω・)
当然、どこかの天井を足場にすれば天地逆転も可能。

普通に走って移動するも良し、重力を上手く使って浮きっぱなしで空を飛ぶも良し、
重力で次々建物の壁面・屋上を駆け抜けるも良し。

重力の使い方は色々と応用が利くので、
ただ高い障害物を飛び越える、というより、
1つ障害物を超えるにも選択肢が色々ある感じです。

バトルは□ボタンのキック攻撃を軸にしたアクション。
無重力状態から□ボタンで繰り出す重力キックを主軸に、ここでも重力が鍵。
難易度的には難しい難しくないというより、慣れが大きい気がします。

GRAVITY DAZE5
こんな感じでパラメータアップ要素があるので、
キャラを強化してから話を進める、というのも可能な筈。

というわけで、こんな感じで触ってみた感想。
重力を使った移動やアクションが斬新で、試行錯誤が楽しい。
酔いは結構心配してたんだけれど、今のところは特に問題なし。
でも3時間も4時間も続けてやるとさすがに酔うのかな(笑)。
グラフィックは綺麗、世界観も幻想的で良い感じ。

もう少し詳しいレビューはまた来週あたり、クリアしてからupします。

趣味記事 35

なんかダラダラしてたら1月は競馬記事だけで終わってしまった(´▽`*)アハハ

【ソウルキャリバー5】

ソウルキャリバー5公式サイト



今はソウルキャリバーをプレイ中。
普段格闘ゲームはほぼやらないので、これはこれで新鮮。
多分格闘ゲーム買ったのは前作の4以来かなぁ。
ソウルキャリバーはキャラクリが楽しい。

今回は一貫して忍者使い。
やっぱ動きが速いのと、瞬間移動的な動きが快感。
まあ、リーチ長いキャラに滅多打ちにされると終わるんですが(´▽`*)アハハ

オンラインは10勝50敗(笑)。
初勝利挙げるのに10戦以上かかりましたorz
奥行き移動を意識して、攻め方工夫するようにしてからはまずまず。
でもジークとかナイトメアとかああいう大剣をブンブン振り回す相手だと、
押し込まれて手も足も出ないなんてのもザラに(´・ω・`)
上手い人なら簡単にかいくぐっちゃうんだろうなぁ。

でもまあ、下手なりに楽しめてます( ´ー`)
不満点は、強いて言えばキャラクリのパーツ集めがちょっと面倒かなぁ。
もう少し集めやすくてもいい気はする。

競馬記事 20

実はこっそり好調だった1月|д゚)
2月はブログに書いた予想通りの馬券であたるように頑張ります(´▽`*)アハハ

というわけで今週は東京新聞杯。
いつも通り、近5年馬券に絡んだ15頭のデータをまとめてみます。

・内枠が圧倒的有利。
 (15頭中11頭が7番枠より内側の馬だった)
・前走が11月以降の馬。
 (15頭全てに該当)
・前走マイル戦の馬が有利。
 (15頭中11頭が該当)

【予想】
◎コスモセンサー
○ガルボ
▲サダムパテック
△フレールジャック
△フミノイマージン
△ヒトジャポット
△ミッキードリーム

というわけで内枠、前走マイルのコスモセンサー本命。
あとは内枠の人気薄、外の実力馬にパラパラ。

◎1頭軸の三連複流しで。
プロフィール

蒼

  • Author:蒼
  • 【趣味】
    音楽鑑賞/読書/ゲーム
    サッカー観戦/競馬
フリーエリア

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。