スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念 予想

さて、あたらないあたらないあたらない競馬予想記事のお時間です(´Д` )
ま、最後の宝塚記念あてて春競馬を締めくくるんですがね(・∀・)

オルフェーヴルの回避は残念ですが、
ジェンティルドンナ・フェノーメノ・ゴールドシップと、
現役を代表する古馬三旗の決戦が実現する春のグランプリ宝塚記念。

宝塚記念は過去5年のうち3回をステイゴールド産駒が勝ってます。

宝塚記念は小回りコースで行われる為、直線が短いこともあり、
直線が長い東京のように我慢しての直線勝負とはならず、
3コーナーあたりから、徐々にスパートが始まります。

結果として、直線の長い東京や京都以上に持久力が問われる。
そしてその持久力こそがステイゴールド産駒の最大の長所であり、
だからこそ、中山の有馬記念や宝塚記念で無類の強さを発揮できる。

とまあ、ここまで書けばどれを本命にするかはおわかりでしょうが、予想です(´▽`*)アハハ

【予想】
◎フェノーメノ
○ゴールドシップ
▲ナカヤマナイト
△ジェンティルドンナ
△ローゼンケーニッヒ

◎○▲と全てステイゴールド産駒。
ジェンティルが血の相性を凌駕する程の馬なら仕方なし。

ローゼンケーニッヒはローズキングダムの弟。
先日引退した兄の分まで期待を込めて。

◎1頭軸の三連複流しで。
スポンサーサイト

プレイステーション4

現在ロサンゼルスで開催されている、
世界最大のコンピューターゲーム関連の見本市『E3(Electronic Entertainment Expo)』。
SONYの次世代型家庭用ゲーム機プレイステーション4の詳細が発表されました。

PS4

商品名 「プレイステーション4」ジェット・ブラック
型番 CUH-1000Aシリーズ
希望小売価格 399USドル/399カナダドル/399ユーロ/349ポンド
Main Processor Single-chip custom processor
CPU : x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores
GPU : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon™ based graphics engine
メモリ GDDR5 8GB
ハードディスク 500GB*1
外形寸法 約 275mm×53mm×305 mm(幅×高さ×奥行き)(予定、最大突起含まず)
質量 約 2.8kg
光学ドライブ BD 6倍速 CAV
(読み出し専用) DVD 8 倍速 CAV
入出力 Super-Speed USB (USB 3.0)ポート×2
AUXポート×1
通信 Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)×1
IEEE 802.11 b/g/n
BluetoothR 2.1(EDR)
AV出力 HDMI 出力端子
光デジタル出力端子
内容物
・「プレイステーション 4」本体×1
・ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCKR4)×1
・モノラルヘッドセット×1
・電源コード×1
・HDMIケーブル×1
・USBケーブル×1

というわけで、デザインと仕様です。
長々書きましたが、簡単に特徴をまとめると、

・現時点でミドルレンジのゲーミングPCクラスのスペックを備えている。
・コントローラに搭載されているシェアボタンで、
 プレイ中のゲーム映像等を簡単にネット上にアップロードできる。
・スマートホン、タブレット端末、PSVita等の端末を使って操作することも可能。
・PS1~3との物理的互換性はなし。ディスクを入れても動きません。
・PS1~3のゲームソフトに関しては、全てのタイトルをクラウドでストリーミング配信予定。


こんな感じです。
基本的にはやはりまず第一にゲーム好き向けの仕様。
それに加えてシェアボタン等のソーシャル機能を強化したことで、
より幅広いユーザーにアピールする狙いもあるようです。

このスペックから云って、価格は相当頑張った印象。
日本だと39980円ぐらいで売り出されることになると思いますが、
PS1、PS2とほぼ同価格からのスタートということで、
5万円からスタートして躓いたPS3の反省が窺えます。

とはいえ、ゲーム機において最も重要なのはソフト。
現時点でPS4での発売が決まっているタイトルをいくつかご紹介↓

FINAL FANTASY 15

FINAL FANTASY 15

FINAL FANTASY 14

Assassin's Creed IV Black Flag


METAL GEAR SOLID 5


KINGDOM HEARTS 3

FF15はもともとFFヴェルサスとして開発されていたものが、
次世代機向けに移行してタイトルを15に変更することになったようです。
相変わらず見た感じは一言で言うと、動かすアドベントチルドレン。

FF14はFF11と同様、MMORPG、オンラインゲーム。
今夏PCとPS3での発売が予定されていますが、PS4版の発売も正式に決定。
PS3版ではPC版に比べて画質設定等がどうしても落ちてしまうようですが、
PS4版ではPC版の最高画質設定のグラフィックで動くようです。

アサシンクリード4、メタルギアソリッド5は安定して進化。
MGS5は今回、ドラマ24のジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドを、
スネークの声優として起用しフェイシャルキャプチャも担当。
この2タイトルはもう実写クオリティ。

全体的に目に付くのはやはりグラフィックの美麗さと規模の大きさ。
大幅に進化したハードスペックをそのまま活かすようなタイトルばかり。

「PCで出てるようなゲームはやってみたいけれど、その為にPCを新調するほどではない」
そんな感じのゲーマーな私にバッチリなハードですかね(・∀・)

安田記念 予想

ダービーも見事に外れました。
今年は全然あたりません。洒落になりません(´▽`*)アハハ

G1も今週で一区切り。
2週間のお休みを挟んで宝塚記念で春のG1も終了ですから、
安田記念と宝塚記念で帳尻を合わせられるような結果になれば。

いつも通り、過去5年3着以内にきた15頭のザックリした傾向から。

・1番人気で3着以内にきたのは過去5年では1頭(ウオッカ)だけ。
・内枠が好成績。
 ※15頭中10頭が6番枠より内側の馬。
・前走の上がり3ハロンのタイムが1位か2位の馬。
 ※15頭中9頭に該当。
・2年連続で好走する馬が多い。
 ウオッカ2008年1着→2009年1着
 スマイルジャック2010年3着→2011年3着
 ストロングリターン2011年2着→2012年1着

こんなところで。

【予想】
◎グランプリボス
○ショウナンマイティ
▲ダークシャドウ
△ロードカナロア
△ヘレンスピリット
△ガルボ
△ダイワマッジョーレ
△カレンブラックヒル

リピーターがよく来ると言うことで、グランプリボス。
昔同じ買い方のブリッシュラックで勝った良い思い出もあるので(笑)。

◎1頭軸の三連複流しで。

2013~2014POG -1-

去年はPOG記事も書かなかったんですが、
今年はまたちょこちょこ書いていきましょう。
というわけで、今年の指名馬はコチラ↓

【タマモビッグプレイ】牡(父フジキセキ/母ホットプレイ)
 フジキセキと抜群の相性を誇る母。年々産駒の適性に幅が出てきた印象。
【テスタメント】牡(父ディープインパクト/母ウォーエンブレム)
 母は秋華賞馬。いかにも瞬発力がありそうで、ディープ産駒は即決でした。
【サヴィルロウ】牡(父ダイワメジャー/母ジェミードレス)
 コティリオンの半弟。ダイワメジャー産駒にしては筋肉系ではないのが◎。
 母父トニービンでもあるし、NHKマイルを勝ってほしい馬。
【レーヴデトワール】牝(父ゼンノロブロイ/母レーヴドスカー)
 どの父との子でも走らせる脅威の母レーヴドスカー。
 但し、ネックとなるのが体質。この馬は柔らかそうなので大丈夫と思いたい。
【ロザリウム】牝(父キングカメハメハ/母ローズバド)
 ご存知ローズキングダムの全妹。兄よりさらに小柄な牝馬。
 まだまだ兄ほどのものは感じませんが、期待を込めて。

今年こそダービーを(`・ω・´)
プロフィール

蒼

  • Author:蒼
  • 【趣味】
    音楽鑑賞/読書/ゲーム
    サッカー観戦/競馬
フリーエリア

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。